まわり続けるリサイクル

ペットボトルと食品用トレイを回収する地域のモデル事業を実施します!

2022.01

地域とともに一歩進んだプラスチックリサイクルを推進。

神戸市では、約2,800の地域団体の協力で、古紙や古着・古布などの資源を集め、リサイクルを推進(資源集団回収活動)していますが、さらに一歩進んだ「まわり続けるリサイクル」を実現するため、地域団体のご協力を得て、資源集団回収活動で「ペットボトル」と「食品用トレイ」を回収するモデル事業を実施します。

[モデル事業 概要]

●回収品目

◎ペットボトル
◎食品トレイ(発泡スチロール製のもの)
※資源集団回収活動でのプラスチック類の回収は、市内初の試みになります。

●リサイクル用途

収集したペットボトルと食品用トレイは、資源回収業者から食品容器製造大手「株式会社エフピコ」に引き渡され、食品用トレイに繰り返しリサイクルされます。

 

●モデル実施地域団体

地域団体で定めた場所で、回収を実施します。

 

●実施期間及び回収日

令和4年1月~3月の地域団体それぞれの古紙等資源回収日(月2回程度)

 

[ペットボトル・食品用トレイの回収について]

 

エフピコ方式の循環型リサイクル(外部リンク)

Next プラスチックのこれから
Movie プラスチック関連動画
TOPへ戻る アイコン