まわり続けるリサイクル

ふたば学舎にプラスチック資源に特化した回収ステーションをモデル設置します。

2022.01

リサイクルを見える化し、地域等と一体でプラスチックリサイクルを推進します。

神戸市は、長田区ふたば学舎内に全国初となるプラスチック資源に特化した回収ステーションを期間限定で設置、リサイクルを見える化(利用目的を明確に定める)することで、地域等と一体となった一歩進んだプラスチックリサイクル「まわり続けるリサイクル」の推進を図ります。

回収ステーション内には、ペットボトル、食品用トレー、透明容器、洗剤類つめかえパック・ボトル等の品目別回収ボックスを設置するほか、プラスチック製品のリユースコーナーや、コーヒーが飲めるくつろぎスペースなど地域コミュニティの場をつくります。

回収したプラスチック資源は、同じ用途に戻す水平リサイクルや、リサイクル手法の検証を行い、ふたば学舎で活用できる製品にリサイクルし還元します。

 

 

[プラスチック資源の回収ステーション]

●概要

[場所] ふたば学舎2階 エコエコひろば内
長田区二葉町7丁目1番18号
〔時間〕 10時~12時、13時~17時(月曜・水曜休み)

ふたば学舎(外部リンク)

●プラスチック資源を運営時間内にいつでも持ち込み可能

スタッフが常駐し週5日(10時~12時、13時~17時)で運営。時間内にいつでも持込可能で、常駐するスタッフが分別をサポートします。持ち込みは無料、指定ごみ袋も不要です。

●回収対象のプラスチック資源とリサイクル用途

リサイクルを見える化し、効率的なリサイクルを実施します。また、その他のプラスチック品目も新たなリサイクル手法を検討中で、回収対象は増える可能性があります。

この他、利便性の観点から、びん、新聞紙、段ボール、雑がみ、小型家電も回収します。

つめかえパックリサイクル詳細

●地域コミュニティの場の創出による資源循環の意識醸成

[くつろぎスペースの設置]

ネスレ日本提供のコーヒーやチョコレート等を楽しみながら、市民がくつろぎ、気軽に立ち寄れる場を創出。プラスチック資源循環やサステナビリティについて学ぶ機会として、プラスチック資源等の回収促進の意識醸成につなげます。
[連携事業者] ネスレ日本株式会社(自社製品飲料、菓子の提供)

ネスレ日本株式会社(外部リンク)

 

[リユースコーナーの設置(常設)]

再利用可能なプラスチック製品等を持ち込んでいただき、常設のリユースコーナーを設置します。リユース品は、プラスチック資源を持ち込んでいただいた方に無償で提供します(一人一点/回まで) また、リユース品の持ち込み情報はICTツールを活用して、市民に情報共有する仕組みを構築し、リユースによる資源循環を促進します。

リユース品

●ICTを活用したポイント制度などによる回収促進

[ICTを活用したポイント制度]

スマートフォン専用アプリで、資源の持ち込みによるポイント制度を構築。市民がプラスチック資源を持ち込んだ際にQRコードを読み取ると、1ポイント付与され、5ポイント毎に市指定ごみ袋と交換できます。(スマートフォンをお持ちでない方には、別途スタンプカードを用意) また、イベントの開催情報やリユース品の持ち込み情報を配信するなど、回収ステーションへの資源の持ち込み行動が継続するか検証します。

 

アプリ利用の流れ

 

TOPへ戻る アイコン